たけのこ療育セラピスト塾について

代表挨拶

たけのこ療育セラピスト塾代表 西村 猛

療育に携わるセラピストのための集い場・学び場です

たけのこ療育セラピスト塾は、療育に携わる理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方が集い、学び合うための集い場です。

まだまだ少ない療育セラピスト

今、児童発達支援事業所や放課後等デイサービス事業所、保育所等訪問支援事業所、特別支援学校など、職域はどんどん広がってきており、また今後も増加していくものと予想されます。

 

ですが、セラピストの多くは、成人または高齢者の領域で活動しており、小児領域で活躍するセラピストは、絶対数としてはとても少ないのが現状です。

そのため「一人職場なので相談相手がいない」、「分からないことを気軽に聞ける先輩がいない」など、黎明期だからこその悩みを抱えた方が多くおられると思います。

 

私自身、21年の公務員(公的療育機関他)経験を経て独立起業したものの、療育事業所を運営する今日まで「孤独で」「誰にも相談できず」「悩みながら」療育事業に携わってきたという辛い(?)過去があります。

そんな体験から「熱意あるセラピストが、もっと療育業界で誇りを持って働けるお手伝いがしたい」と感じるようになりました。

 

当塾は療育経験の少ないセラピスト、地域や職場の中で一人で孤軍奮闘するセラピストのみなさんが、胸を張って誇り高く療育業界で仕事をしていくためのモチベーションとスキルを上げることを目的としています。

自ら考え、自ら動く、を応援します!

当塾は、講師から一方的な講義や助言を受けるという従来の塾形態ではなく、「自ら考え、自ら動く」をテーマに、セラピスト同士が「自主的に」「相互に学ぶ」ことを大切にしています。

なぜなら「自分で学ぼうとする行動」こそが、スキルアップにつながると思うからです。

だからこそ、悩んだ時は「オンラインサロン」で仲間たちと交流し、「個別コーチング」で講師からマンツーマン指導を受け、「セミナー」で多角的な視点を学び、療育業界で誇り高く仕事をしていくためのステップアップの場としていただければと思います。

 

さあ!療育セラピスト塾を通して、つながりましょう!

あなたはもう一人ではありません。